想い出Camera

#1290 呉竹文庫

a0278914_17391577.jpg



a0278914_17394913.jpg



a0278914_17402170.jpg



a0278914_17405680.jpg



a0278914_17412045.jpg



a0278914_17414238.jpg



a0278914_17421034.jpg



a0278914_17424139.jpg



a0278914_17443585.jpg



a0278914_174457100.jpg



a0278914_17452652.jpg

10月8日撮影 ISO200 RAW現像




呉竹文庫の歴史

呉竹文庫設立の動機について、熊田源太郎氏は、大正10年発行の「呉竹文庫図書目録」の自序で「知
識欲をいかにしても制することができないので徒に諸書を購求して」乱読し僅かに慰めて降りました。

これが私の蔵書の起因であります。

しかし事業経営に「読書の時間が減殺」され、
「有用の書籍も場所塞ぎの無用物と何ら撰ぶところがないので友人に話して閲読を勧めました。」
と述べています。

このような事情によって、
大正4年から自らの蔵書を一般に公開し私立図書館としての形態を整え、大正11年2月には財団法人呉
竹文庫を設立しました。

以来広く地域文化活動の拠点としての役割を果たしてきましたが、
終戦後は半ば休館状態になりました。

平成2年本文庫の再生を図るため、嗣子卓郎氏の篤志により、
旧美川町が運営の主体となり、
施設の保存、図書の閲覧と併せて美術品・古文書の展示さらに各種文化活動の場として活用する博物館
類似施設として再出、現在は白山市の施設となっています。

ネットより拝借










今年は不作で多分これが最後のナメコになりそう・・・

a0278914_1755650.jpg

10月29日撮影 DSC-RX1・ISO1600 RAW現像
[PR]
by renchiyan2 | 2015-10-30 04:25 | 建物